【21卒】私が新卒就活しないでドイツ移住を決意した訳【選択肢は1つじゃない】

橘ちとせ
こんにちは、橘ちとせ(@chitosepiggie)です。

ドイツ留学を終え、無事日本に帰ってきました!
今回は「新卒就活しない宣言」をし、ドイツへの移住を決めた過程について書いていきます。

日本では卒業後卒入社の流れが一般的ですが、別の道を選ぶ人もいますよという緩〜い記事です。

新卒就活をやめた3つの理由

この記事でいう新卒就活とは、「日本にある企業に新卒として入社するための就職活動」を指します。

橘ちとせ
まずはなぜ私が就活をやめたのか、その理由についてお話していきますね!

そもそも日本の「一般的な」社会人生活に適応できなそう

私は大学1年の頃は塾で講師として働き、大学2~3年の約2年間とあるベンチャー企業でインターンをしていました。
インターン先の企業は創業5年目ほどの小さな会社で、これがと〜っても緩い勤務形態でした。

以下私が特に気に入っていた点です。

・勤務中イヤホンして音楽きいてOK!YouTubeもOK!
・コアタイムなしのフレックス制、いつ来ていつ帰ってもOK!
・無駄に面倒な上下関係、人間関係なし
・やりたいことを提案したら割と通る
・リモートOK!融通のきく勤務形態



新卒1年目からこの待遇で働ける環境ってかなりレアなのでは…?と考えたらもう無理でした。
ストレスフリーな働き方に一度慣れてしまうとなかなか抜け出せないのではないでしょうか。

会社によって異なるのはもちろんですが、会社員=「」のイメージであるラッシュ時の満員電車通勤、大きなオフィスに広い人間関係、結構きつめの就労規則…などを考慮すると、それを乗り越えられるモチベーションがなかったというのもあるかもしれません。
といっても、なんかいやだな〜くらいの感じでしたが。

留学してドイツでの暮らしが合っていると気づいた

ドイツでは一般的な大学生生活をしていましたが、パートナーが社会人で同棲していたので、ドイツで働くってこんな感じなのか〜と思いつつその様子を観察していました。

私のパートナーの例(オフィスワーク)でいうと、

・9時出社18時退勤、残業なし
・有給取得めっちゃ簡単(むしろ推奨される)
・退勤後は即帰宅し余暇を楽しむ余裕がある(大体散歩・ゲーム・ネトフリ)



これだけでもう「それ、ええやん…」と。

そしてフランクフルトの住環境もよかった
近くに水があるっていいな、と。(特に災害もないので)
パートナーと晴れの日にマイン川沿いを散歩するのがとっても癒しの時間でした。東京に戻ってきて一番恋しいのはこのお散歩タイムかもしれません。

中心街はちょっと治安悪目ですが、普通に生活してる分には影響ないレベルですね。
食材が安いので自炊が捗るのもGOODでした!

パートナーがドイツにいる

結局一番大きな理由はこれです。
(私は現在フランクフルトで出会ったドイツ人の方と結婚を前提にお付き合いしています。)

あちらは日本語全くわからないしドイツに安定した生活・経済基盤があるので、一緒にいるためにはまだ学生で融通のきく、言語も習得中の私が合わせる形の方が現実的だと考えました。
1年暮らしてみてドイツでの生活が好きだとわかったし、パートナーと離れて暮らすのは辛い。
なら経済面をどうにかできれば問題ないでしょうと。

以上の3つの理由から、実現可能かどうかを考慮した上で大学卒業後のドイツ移住を決意しました!
ということで結果的に日本での新卒就活はナシ。やったぜ!(?)

移住を叶えるための計画

といっても何の経験もない学部卒業したてほやほやのベイビーちゃんがドイツ社会に飛び込んだところで、雇ってくれる会社などありません。
日本食店の店員さんとか清掃員とかならまだいけるかもしれませんが、私は

橘ちとせ
デスクワーク希望、肉体労働したくない

というわがままガールなので何か対策を取らねばなりませんでした。

1. Web系ノマドフリーランスを目指しスキル習得

そこで何を仕事にできるかと考えたところ、前職のインターン経験からWeb系は割と勤務形態が自由だということを思い出しました。

インターンのメイン業務であったWebディレクションも興味深かったのですが、ちょろっとやったフロントエンド実装の方が楽しかったので、Webデザインやプログラミング(フロントエンド)の勉強をすることに。

2019年7月から留学が終わる2020年2月まで約半年とちょっと、オンラインの学習教材をメインに地味〜にコツコツとデザインとプログラムの勉強を進めていきました。

以下私が利用したサイト・サービスです。ご参考までに!

Tech Academy:Webアプリケーションコース、フロントエンドコース
Progate(プログラミング)
Udemy(Webデザイン)

2. 実務経験を積むためインターン開始

日本に帰ってきてからは、実務経験を積むためにWeb製作会社にてWebデザイン・フロントエンドの武者修行インターンをはじめました。
大学は週1コマしかないのでフルタイムで出勤中!

有給インターンなので経験積みつつ移住資金の貯金もできて最高です、ありがとうございます頑張ります。

卒業後はそちらの会社の社員としてドイツでフルリモートをするか、フリーランスとして業務委託で関わらせていただく予定です。

3. ドイツ語も引き続き学習し、今年中にC1取得を目指す

ドイツ社会でいきていくためにはドイツ語が必要。どうせ逃げられないので引き続きやっていきます。

現在ゲーテのB2を持っているので次のレベルであるC1を取得できるよう頑張りたいですね。
C1レベルを問題なくこなせるようになればドイツで仕事を探すことも視野に入れられるので、後々を考えた時やはり踏ん張りどころです。

どちらかというとスピーキングの方が不安材料なので、パートナーに協力してもらいつつトレーニングしていこうと思います。

進路は十人十色、自分に合った道を選ぼう

以上が「就活をやめた理由」と「ドイツ移住計画」についてでした!

私は私がどこでどう生きたいかを考えた結果このような選択をすることになりましたが、ひとそれぞれ多種多様な進路選択があると思います。
「みんなそうするから」で就活をする必要はないし、いきたい会社・やりたい仕事があるならそれに向かってレールを敷いていけばOK。

一度きりの人生ですから、やりたいことをやっていきましょう!

まとめ

POINTS
・就活やめました
・大学卒業後はドイツに移住します
・進路は十人十色。自分のための選択肢を見つけよう!

明日からも元気に労働。

橘ちとせ
世界中コロナで大変な時期ですが、自衛しつつ粛々と過ごしていきましょう!

ダイエットの過程をアップしているツイッター&インスタグラムはこちら↓
Twitter Instagram







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です